トップページ >バッティングの上達法> バッティングの上達の秘訣

バッティングの上達の秘訣

少年野球のバッティングの上達方法の話。「少年野球の試合でホームランやヒットを打ちたい!!」と思っている子供が殆どです。子供達にとりバッティングは楽しいものです。どちらかというと守備練習よりもバッティング練習をさせた方が目が活き活きとしてきます。でも、なかなか思うように結果が出ないのも現実…。

親としてコーチとしても、「なんとかヒットを打たせてやりたい!」と思っても、三振や凡打をして打席から帰ってきます。ぜんぜん打てない子供がヒットを打てるようになる方法ってあるのでしょうか?

自慢ではないですが、打ちの子供はよくヒットも長打の打ちます。先日も所属する少年野球チームの納会があり、納会の席で近くに座った父兄の方に「お宅の子供さんは、よくヒットを打ちますね!」と言われました。

今回は、全然ヒットを打てない子供が打てるようになる秘訣を1つ話します。バッティングの技術もコツも色々あります。奥の深い世界ですが、今回はそういったバッティングの技術的なことはちょっと横においていきます。全然打てないプレーヤーからの脱皮方法を紹介します。

少年野球の試合で全然ヒットを打てない子供、それは、きっとバットスイングが全然できていない子供だと思います。見るからにヒットが打てなそうなスウィングをします。

そんな子供の打席を観た親は、子供にヒットを打たせようとバッティングセンターに子供を連れていくことも多いかと思います。しかし、スイングが出来ない子供をバッティングセンターで練習をさせても効果が少ないと思います。

逆に、悪いスウィングのまま向かってくるボールを打つ練習をすれば、悪いバッティングフォームが身についてしまうというデメリットがあります。これではかえって、バッティングの上達が遅くなってしまいます。

では、どのような練習方法が良いのでしょうか?

ズバリ…、素振りとティーバッティングです。あるはい、トスバッティングです。

正しいスウィングを身につけることを目標に数多くバッティング練習を重ねてください。

大きな鏡等があれば、その前の素振りをさせてフォームをチェックをさせます。子供自身に正しいフォームを意識させるのが上達のポイントです。正しいフォームと自分のフォームの修正点を意識させ、繰り返し素振りをさせます。

次は、ティーバッティング、もしくは、トスバッティングです。学校の校庭や公園などのスペースを利用すると良いでしょう。網やフェンスのあるような場所、サッカーボールなどを利用し、そこへ向けてティーバッティング、もしくはトスバッティングを繰り返し練習します。

ボールの数は最低20~50球位は準備してください。ボールが少ないとフォームをチェックする前にボールを拾わないとならなくなるから。ヤフオクの中古の軟式ボールや、なければ新聞誌を丸めてガムテープを貼ったもので構いません。工夫が大切!

ティーバッティングやトスバッティングにおいても、フォームの修正ポイントを意識させ、そこを直すことを目的に繰り返し行ないます。ただ、ボールを打つだけでは、上達が遅くなります。必ず修正箇所を意識させ練習をするようにします。

これを少ない時間でよいので毎日繰り返してください。気が向いたときだけ練習をするのではなく、毎日の日課とします。準備運動から始め、素振りをして、ティーバッティングをしても20分から30分あればできます。

子供だけでなく親も一緒にコーチ役として練習してあげましょう。子供だけでは無理がありますから。フォームチェックや球出しをやってあげます。

この方法でバッティング練習を続けてください。まずは、3ヶ月続けることを目標にトライ!3ヶ月後、以前とは違った子供の姿があるはずです。しっかりとバットスウィングができるようになっていると思います。バッティング練習もさらに楽しくなっているはずです。

そして、少年野球でホームランやヒットを打つ姿が見れますよ!

| Page Top ▲