トップページ >キャッチボールと守備の練習方法> 走って行って素手でフライを捕球する

走って行って素手でフライを捕球する

走って行って、丁度追いつくあたりに小さなフライを投げてもらい、素手でそのボールを捕球します。ポイントは素手でキャッチをするところ。なぜ素手でキャッチするかと言うと、クラブをしているときより集中力を必要とするからです。
[練習方法]
1.スタートの構え
2.投げられたボールを追ってダッシュ
3.ボールに集中し素手でボールをキャッチ

| Page Top ▲