トップページ >少年野球の指導のコツ> 少年野球の基本は楽しく

少年野球の基本は楽しく

先日、読売ジャイアンツが主催する少年野球教室に子供と一緒に参加しました。読売ジャイアンツの元エースの西本さんから貴重な話を沢山聞いて帰って来ました。さすがプロ野球の大エースだった方、その波動に接することは有意義だったのと同時に、多くの反省点を気付かせてもらいました。

まず最初に西本さんが言われたことは、「少年野球は子供達が楽しく野球ができるように指導してあげてください!」ということでした。「"試合に勝たせたい"という気持ちばかりが先にたつと、指導者として子供に暴言を吐くことになり、子供は萎縮し、野球をつまらないものしていくので注意してください」と話されました。ここは、指導する立場として大きく反省をしないといけない点だなと思いました。

少年野球も勝負の世界には違いありません。だから勝つことを目指す過程において、子供が自分の精神と肉体を磨き上げていくことには間違いはないと思います。私もここを変えるつもりはありません。

でも、親の欲で「子供に勝たせたい」という気持ちばかりが先にたってしまうと、逆効果になってしまいます。野球がつまらないものになり、子供にとってプラス材料ではなくなってしまうと思うのです。

だからといって、だらだらとスポーツをやっていたらマイナスです。子供達に健全な精神は宿りません。勝つために精進しなければマイナスだと思います。肝心なのは子供の目線で少年野球に一緒に取り組んであげることだと改めて感じました。

エラーをしたら・・

ヒットが打てなかったら・・

ヒットを打たれてしまったら・・

ファーボールを出してしまったら・・

失敗をしてしまった時に暴言を吐いて罵倒するのではなく、失敗してしまった理由を子供に話して理解させてあげる。そして、次は成功するように挑戦する気持ちを持つことを教えてあげる。そして、成功するように練習の場を与えてあげること。一緒に練習をしてあげることです。そんな態度で子供へ野球の指導をしてあげたいと思いました。

子供がプレーで失敗したとき「そんなこともできないのかっ、」と怒鳴るの"大NG"です。少年野球は『楽しく』が基本です。少年野球に挑戦する子供達に、 野球の楽しみを教えてあげることが、監督、コーチ、お父さん、お母さんにとり大切なことです。

| Page Top ▲