トップページ >バッティングの上達法> カウント別のバッティング練習方法

カウント別のバッティング練習方法

カウント別のバッティング練習方法を紹介します。カウントを意識してバッティングができるようになると、少年野球の試合でヒットの出る確率が格段に上がります。

野球の基本は『初球は好球必打で打て!」です。

ピッチャーとしては初級はストライクがほしいものです。特に、少年野球の場合、ど真ん中を狙っても投球が多いです。バッターとしては好球必打で積極的に打ちに行きましょう。

少年野球で見かける悪い例です。初級のボール球に手を出し空振り、監督やコーチから「ボールを良く見なさい!」と指導を受けます。初級のボール球に手を出して失敗したことから消極的になり、2球目のストライクを見逃して追い込まれてしまいます。その後、追い込まれて3球目以降のボール球に手を出して三振。最悪の結果です。

こんな失敗をさせないように普段からカウント別バッティングの指導をしましょう。練習方法としてはフリーバッティングの中でカウント別のバッティング練習を取り入れます。ただ打席に立ちストライクを打つのでなく、ノーストライクのバッティング、ワンストライクバッティング、ツーストライクのバッティングなど場面を想定してバッティングの練習をします。

バッティングピッチャーも全部ストライクを投げるのではなく、わざとボール球を入れて投げます。外角、内角、高め、低めに外したボールを混ぜます。コントロールが難しいときは、通常のマウンドよりも少しホームベースよりから投げます。これは選球眼を磨く効果もあります。

ノーストライクの想定であれば、バッターはど真ん中の好球のみを狙い来たらスイング、ど真ん中以外は(ストライクでも)見送る練習をします。

ツーストライク取られたら、好球はもちろんスイングですが、ストライク臭いボールはカット、ボールは見送るように指導します。この練習方法と取り入れるとバッティングが1段レベルアップします。

色々と少年野球の試合の場面を想定したバッティングの指導を工夫してみてください。試合で結果を残せる選手が育ちます。

| Page Top ▲