トップページ >少年野球の指導のコツ> 少年野球の指導と練習方法

少年野球の指導と練習方法

少年野球で子供の夢の育てよう!親子で楽しむ軟式少年野球の指導と練習方法を紹介。甲子園、プロ野球、メジャーを夢みる子供とお父さんのための少年野球上達講座
トップページ > 2007年10月

動きながらキャッチボールをする
プロ野球の横浜ベイスターズに高木豊という守備の名手がいました。その高木豊さんが少年野球でキャッチボールを指導している場面、「キャッチボールは動きながらボールを捕球し投げることが大切だよ」と言っていました。

体が止まった状態でボールを捕球し、投げることは、野球の実際の試合中ではない動きです。必ず動きの中でボールを捕り投げます。だから、普段の練習の中でも、動きながらキャッチボールをすることが大切です。その動く感覚を見に付ける練習方法をいくつか紹介します。

| Page Top ▲