カウント別のバッティング練習方法

カウント別のバッティング練習方法を紹介します。カウントを意識してバッティングができるようになると、少年野球の試合でヒットの出る確率が格段に上がります。

野球の基本は『初球は好球必打で打て!」です。

ピッチャーとしては初級はストライクがほしいものです。特に、少年野球の場合、ど真ん中を狙っても投球が多いです。バッターとしては好球必打で積極的に打ちに行きましょう。

少年野球で見かける悪い例です。初級のボール球に手を出し空振り、監督やコーチから「ボールを良く見なさい!」と指導を受けます。初級のボール球に手を出して失敗したことから消極的になり、2球目のストライクを見逃して追い込まれてしまいます。その後、追い込まれて3球目以降のボール球に手を出して三振。最悪の結果です。

こんな失敗をさせないように普段からカウント別バッティングの指導をしましょう。練習方法としてはフリーバッティングの中でカウント別のバッティング練習を取り入れます。ただ打席に立ちストライクを打つのでなく、ノーストライクのバッティング、ワンストライクバッティング、ツーストライクのバッティングなど場面を想定してバッティングの練習をします。

バッティングピッチャーも全部ストライクを投げるのではなく、わざとボール球を入れて投げます。外角、内角、高め、低めに外したボールを混ぜます。コントロールが難しいときは、通常のマウンドよりも少しホームベースよりから投げます。これは選球眼を磨く効果もあります。

ノーストライクの想定であれば、バッターはど真ん中の好球のみを狙い来たらスイング、ど真ん中以外は(ストライクでも)見送る練習をします。

ツーストライク取られたら、好球はもちろんスイングですが、ストライク臭いボールはカット、ボールは見送るように指導します。この練習方法と取り入れるとバッティングが1段レベルアップします。

色々と少年野球の試合の場面を想定したバッティングの指導を工夫してみてください。試合で結果を残せる選手が育ちます。

| Page Top ▲

素振りの練習方法

バッティング練習の基本は素振りです。バッティングが上手くなるには、1にも2にも練習が必要です。バットを振り、合理的なフォーム身に付けることが大切です。生きたボールを数多く打って確実にミートし、ボールを強く打ち抜くことがバッティング練習の基本です。

そして、その土台を作るのが素振りです。素振りはバット1本あれば1人でも取り組むことができます。とはいっても少年野球は選手はまだ小学生です。できたら時間を見つけて、毎日15分親子で素振りをしてみてはいかがでしょうか?

我が家の近所にも親子で毎日素振りをするのが日課の家族がいます。小学生の少年野球は卒業して、中学生になっていますが、でも中学のクラブチームでエースで主軸を打っています。ちょっとでもいいから毎日やること。これが、野球上達の秘訣ですよ。子供だけだと続かないから、指導役も兼ねてお父さんが一緒に練習してあげるのがポイントです。お父さんの中年太りも解消できるダイエット効果もあります。

塵も積もれば山となります。毎日の素振りが少年野球の試合でヒットを打つ核となります。基本が大切!!

素振りの練習方法のポイントを紹介します。、ただバットを数を振るのでなく、一振りごとに正しいフォームでスイングが出来ているかを確認しながら真剣にバットを振ることです。だらだらバットを振っても悪いスウィングが身につくだけです。

バッティングの基本をお父さんが理解し、子供に伝えてあげます。といっても専門的でなくて良いのです。少年野球の書籍やDVDなどを参考に基本的なことを教えてあげます。そして、チェックポイントを確認しながら素振りをしましょう。まずは、

1ヶ月、そして、3ヶ月が目標です。ちょっと話が反れますが、「3」の付く日がくじけ易い日のようです。よく「3日坊主」と言います。3日続けば、今度は30日が目標。30日続けば3ヶ月が目標です。ダイエットでも何でもそうですが、3ヶ月続くと効果で目に見えて分かるようになります。

効果が現れると練習をする楽しさが分かります。だから、まずは目標3ヶ月、お父さんが指導役をかって子供と一緒にバッティング練習しましょう。夜時間がなければ朝15分早く起きることだってできますよ。

| Page Top ▲

バッティングの上達の秘訣

少年野球のバッティングの上達方法の話。「少年野球の試合でホームランやヒットを打ちたい!!」と思っている子供が殆どです。子供達にとりバッティングは楽しいものです。どちらかというと守備練習よりもバッティング練習をさせた方が目が活き活きとしてきます。でも、なかなか思うように結果が出ないのも現実…。

親としてコーチとしても、「なんとかヒットを打たせてやりたい!」と思っても、三振や凡打をして打席から帰ってきます。ぜんぜん打てない子供がヒットを打てるようになる方法ってあるのでしょうか?

自慢ではないですが、打ちの子供はよくヒットも長打の打ちます。先日も所属する少年野球チームの納会があり、納会の席で近くに座った父兄の方に「お宅の子供さんは、よくヒットを打ちますね!」と言われました。

今回は、全然ヒットを打てない子供が打てるようになる秘訣を1つ話します。バッティングの技術もコツも色々あります。奥の深い世界ですが、今回はそういったバッティングの技術的なことはちょっと横においていきます。全然打てないプレーヤーからの脱皮方法を紹介します。

少年野球の試合で全然ヒットを打てない子供、それは、きっとバットスイングが全然できていない子供だと思います。見るからにヒットが打てなそうなスウィングをします。

そんな子供の打席を観た親は、子供にヒットを打たせようとバッティングセンターに子供を連れていくことも多いかと思います。しかし、スイングが出来ない子供をバッティングセンターで練習をさせても効果が少ないと思います。

逆に、悪いスウィングのまま向かってくるボールを打つ練習をすれば、悪いバッティングフォームが身についてしまうというデメリットがあります。これではかえって、バッティングの上達が遅くなってしまいます。

では、どのような練習方法が良いのでしょうか?

ズバリ…、素振りとティーバッティングです。あるはい、トスバッティングです。

正しいスウィングを身につけることを目標に数多くバッティング練習を重ねてください。

大きな鏡等があれば、その前の素振りをさせてフォームをチェックをさせます。子供自身に正しいフォームを意識させるのが上達のポイントです。正しいフォームと自分のフォームの修正点を意識させ、繰り返し素振りをさせます。

次は、ティーバッティング、もしくは、トスバッティングです。学校の校庭や公園などのスペースを利用すると良いでしょう。網やフェンスのあるような場所、サッカーボールなどを利用し、そこへ向けてティーバッティング、もしくはトスバッティングを繰り返し練習します。

ボールの数は最低20~50球位は準備してください。ボールが少ないとフォームをチェックする前にボールを拾わないとならなくなるから。ヤフオクの中古の軟式ボールや、なければ新聞誌を丸めてガムテープを貼ったもので構いません。工夫が大切!

ティーバッティングやトスバッティングにおいても、フォームの修正ポイントを意識させ、そこを直すことを目的に繰り返し行ないます。ただ、ボールを打つだけでは、上達が遅くなります。必ず修正箇所を意識させ練習をするようにします。

これを少ない時間でよいので毎日繰り返してください。気が向いたときだけ練習をするのではなく、毎日の日課とします。準備運動から始め、素振りをして、ティーバッティングをしても20分から30分あればできます。

子供だけでなく親も一緒にコーチ役として練習してあげましょう。子供だけでは無理がありますから。フォームチェックや球出しをやってあげます。

この方法でバッティング練習を続けてください。まずは、3ヶ月続けることを目標にトライ!3ヶ月後、以前とは違った子供の姿があるはずです。しっかりとバットスウィングができるようになっていると思います。バッティング練習もさらに楽しくなっているはずです。

そして、少年野球でホームランやヒットを打つ姿が見れますよ!

| Page Top ▲