少年野球の指導と練習方法

少年野球で子供の夢の育てよう!親子で楽しむ軟式少年野球の指導と練習方法を紹介。甲子園、プロ野球、メジャーを夢みる子供とお父さんのための少年野球上達講座
トップページ > 2007年10月

動きながらキャッチボールをする
プロ野球の横浜ベイスターズに高木豊という守備の名手がいました。その高木豊さんが少年野球でキャッチボールを指導している場面、「キャッチボールは動きながらボールを捕球し投げることが大切だよ」と言っていました。

体が止まった状態でボールを捕球し、投げることは、野球の実際の試合中ではない動きです。必ず動きの中でボールを捕り投げます。だから、普段の練習の中でも、動きながらキャッチボールをすることが大切です。その動く感覚を見に付ける練習方法をいくつか紹介します。

| Page Top ▲

上達の秘訣は達成感にあり

少年野球に挑戦する子供達が、野球ををやっていて大きな喜びを感じるときはいつでしょうか?

「試合に勝ったとき」

もちろん、それもあります。試合で勝った時、いいプレーをした時は、とにかく嬉しい!!でも、もっと嬉しいことは、「できるようになった喜び」です。目標を達成したという達成感を味わった時です。指導をする方も、「教えたことができるようになった」という喜びを子供と一緒に味わえます。

それには、目標をキチンと決めて、何度も何度も反復練習を繰り返すことが大切です。例えば、ゴロの捕球の練習について考えてみます。「足を使って打球を正面でキャッチすること」という目標を立てたとします。そうしたら、毎日反復練習をするわけです。はじめは、親が手で転がしたゆるいゴロを正面で捕球する。できたら、左右に振ってあげる。子供は一生懸命に足を使って打球の正面へ入る練習をします。

それができるようになったら、今度はノックです。強いノックでなくていいんです。規則正しいバウンドのイージーなゴロを打ってあげます。始めは正面のゴロを打ちます。キチンと捕球できるようになったら、左右に軽く振ってあげます。子供には、ただ打球を捕球するのではなく、正面に素早く回り込むこと意識させながら練習させます。

「どうしたら素早くスタートが切れるのだろう?」

「どうしたら捕球地点へ素早く移動できるのだろう?」

「どうしたら上手にゴロを捕球できるようになるのだろう?」

など色々考えます。素早く正確に動けるように工夫しながら親子で練習をします。こういった練習方法で、目標を決めて野球の基本を反復練習させます。ゴロの捕球以外でも同じです。守備、バッティング、ピッチング、走塁も同じです。

少年野球では、基本をしっかり教えることが指導のポイント。「何をマスターする必要があるのか?」をキチンと理解させ、反復練習を繰り返します。すると1つのことができるようになります。その時の達成感は、子供も親も凄く嬉しい!!野球をやっている喜びを感じます。

1つできたら、次のステージです。また、1つ上の目標を決めてトライします。1つ1つ目標を達成していくに連れ、子供は自信を付けていきます。こういうことが身に付けば、野球以外でも同じです。勉強にも応用できます。野球少年もいつか受験という山を迎えます。でも、目標達成の仕方は一緒。野球で覚えたことが生きると思います。

基本練習を繰り返し繰り返し行い、目標をクリアしていく。その延長線上に少年野球の大会の勝利もあります。野球上達の秘訣です。

| Page Top ▲

野球と子供の夢

少年野球をいかに好きにさせてやるか、楽しくさせてやるかが指導役、お父さん、お母さんの大切な仕事です。それには方法があります。

子供に夢を持たせてやることです。すなわち目標を設定してあげることです。少年野球に挑戦する子供に、「将来何になりたいの?」と聞くと、ほとんどがプロ野球選手と答えます。イチロー選手、松坂選手、松井選手に夢を見て憧れています。日本のプロ野球やメジャーに憧れています。

夏にあれば甲子園の高校野球を見て胸を熱くさせています。早実の斉藤投手みたいになりたいと思っています。あるいは、人気アニメ「メジャー」を見て、茂野吾朗のようなジャイロボールを投げるピッチャーになりたいと思っています。

夢を達成するためにどうすればいいのか?

それを子供達に決めさせます。当然、人よりも練習をする必要があります。

どんな練習方法をとればいいのか?

自主練習なのですから自分からやりたいと思い行動をさせることが大切です。少年野球が好きな子供達はみんな、「野球が上手くなりたい!」「試合に勝ちたい!」「大会で優勝したい!」と思っています。そばにいるとよくわかります。

あとは練習をする環境と三日坊主にならないよに親がちょっと手助けをしてあげることが必要です。

スイッチを入れてあげること。

練習方法を考えてあげること。

練習の相手役になってあげる。

そこが揃うと、子供達は野球の基本を身につけることができます。野球の基本が身に付けば野球が好きになります。夢に向かってさらに練習をするようになります。夢に向かって進みはじめた人間は輝きます。

一度、夢に向かって進むことを覚えれば、あとは少年野球も、勉強も、そして将来就く仕事も同じです。大人への成長するなかで、いくつもの夢を手中に収めていきます。そして、さらに大きな夢に向かい始めます。

きっとイチロー選手はそうだったはずです。小さな夢に積み重ねがメジャーで大記録を作ってしまったのです。子供に夢を持たせてあげること。それは、野球が好きになるの一つの方法です。

| Page Top ▲

少年野球の基本は楽しく

先日、読売ジャイアンツが主催する少年野球教室に子供と一緒に参加しました。読売ジャイアンツの元エースの西本さんから貴重な話を沢山聞いて帰って来ました。さすがプロ野球の大エースだった方、その波動に接することは有意義だったのと同時に、多くの反省点を気付かせてもらいました。

まず最初に西本さんが言われたことは、「少年野球は子供達が楽しく野球ができるように指導してあげてください!」ということでした。「"試合に勝たせたい"という気持ちばかりが先にたつと、指導者として子供に暴言を吐くことになり、子供は萎縮し、野球をつまらないものしていくので注意してください」と話されました。ここは、指導する立場として大きく反省をしないといけない点だなと思いました。

少年野球も勝負の世界には違いありません。だから勝つことを目指す過程において、子供が自分の精神と肉体を磨き上げていくことには間違いはないと思います。私もここを変えるつもりはありません。

でも、親の欲で「子供に勝たせたい」という気持ちばかりが先にたってしまうと、逆効果になってしまいます。野球がつまらないものになり、子供にとってプラス材料ではなくなってしまうと思うのです。

だからといって、だらだらとスポーツをやっていたらマイナスです。子供達に健全な精神は宿りません。勝つために精進しなければマイナスだと思います。肝心なのは子供の目線で少年野球に一緒に取り組んであげることだと改めて感じました。

エラーをしたら・・

ヒットが打てなかったら・・

ヒットを打たれてしまったら・・

ファーボールを出してしまったら・・

失敗をしてしまった時に暴言を吐いて罵倒するのではなく、失敗してしまった理由を子供に話して理解させてあげる。そして、次は成功するように挑戦する気持ちを持つことを教えてあげる。そして、成功するように練習の場を与えてあげること。一緒に練習をしてあげることです。そんな態度で子供へ野球の指導をしてあげたいと思いました。

子供がプレーで失敗したとき「そんなこともできないのかっ、」と怒鳴るの"大NG"です。少年野球は『楽しく』が基本です。少年野球に挑戦する子供達に、 野球の楽しみを教えてあげることが、監督、コーチ、お父さん、お母さんにとり大切なことです。

| Page Top ▲

少年野球が上達するコツ

お父さんのための少年野球が上達するコツについての話です。野球の話から少しそれますが、子供の頃、補助なしの自転車に乗れるようになった時のことを思い出してください。自転車に乗ろうとチャレンジしたときに、乗り方の理屈や理論は考えません。何度も何度も転んでいく間に、ある瞬間が訪れます。「こうやってバランスを取るんだ!」と身体が感覚を掴んだ瞬間です。この感覚こそが"コツ"です。

しかし、それは言葉に表すのには、難しいところがあります。野球においても同じです。例えば、少年野球のバッティングの指導の場面、よく用いられるのが、「腰をぎゅとまわすんだ!」「もっとスパッとバットを振れ!」などの擬音語を使った表現の指導を行ないます。

某プロ野球球団の名誉監督などは「スパッー」とか「ビューン」とか、野球の指導の場面で選手に色々な擬音語のアドバイスするので有名でした。けれども、それを聞いた選手は、何のことやら、さっぱり分からないことが多かったようです。ここに指導の難しさがあります。

指導する者にとりコツというのは非常に説明しづらいもので、選手にとってはなかなか掴みにくいものです。しかし、何度も練習をする過程で、その動きのコツが掴めてくると、その擬音語の意味も感覚的に理解できるようになります。自転車に乗れた時のように、野球の1つの技術を習得した瞬間です。

できるものにとっては簡単なことも、できないものにとっては難しいものです。少年野球でも、何度も繰り返し練習させ、できる瞬間がくるのを待ってあげましょう。お父さんコーチの指導にとり、子供に野球を教えるときのコツです。あせらずに、1歩ずつ上達するようにサポートしてあげましょう。

| Page Top ▲