グラブの使い方

少年野球をはじめた多くの子供がまずやるのがキャッチボールかと思います。野球の基本の基本です。まずは、グラブの使い方の基本から覚えましょう。何事も基本が大切です。少年野球は特にです。

グローブの使い方の指導の話をします。子供達とキャッチボールをしていて気付いたことがあります。キャッチボールの基本が疎かになっている部分がありました。

気付いたのはグラブの使い方です。2年前に元ロッテのプロ野球選手が我が子供の所属する少年野球チームへ指導に来てくれました。その時、グラブの使い方の指導をして頂きました。ポイントは、

・グラブは片手で使うこと

・もう一方の手は近くにおくこと

を指導されました。

巷では「グラブは両手でしっかりとる」という指導もありますが、それは間違いと教わりました。グラブのポケットはボールが入ってくると下にボールが抜けるような構造に作られているそうです。

ポケットで取ったボールは、すばやく抜くにはそのまま下から抜くのがコツのようです。ボールがすばやく抜けるようにもう一方の手はグローブの近くにおくのが基本です。

ボールは両手で取るのではなく片手が基本です。もう一方の手はグラブの近くにおくのが正しい考えかたです。両手で捕るクセをつけてしまうと、グラブの稼動範囲が狭くなって守備範囲が狭くなってしまうからです。

少年野球のうちから変な癖はつけたくないものです。しかし、片手と言ってもボールを体の正面で捕ることが基本であることには違いがないので注意しましょう。

少年野球の子供達とキャッチボールをしていたら、グラブを嵌めていない手がグラブからやや離れた位置にある選手が多いことに気付きました。

すなわちボールをポケットで捕ったあとにボールを握るまでの動作が大きくなりその分送球に時間がかかります。それにお手玉をする確立も高くなってしまいます。

少年野球の上達は、本当にあせらず1つずつ基本をチャックするしかないなという感じです。基本を1つ1つチャックしましょう。上達の秘訣です。

| Page Top ▲

3対3ででのキャッチボール

3人対3人のグループに別れ、タテに並び、普通のキャッチボールのように、両グループが向き合います。3人のうちの一人が、向こう側の3人の先頭に向かってボールを投げます。ボールを投げたら自分の列の後ろに並びます。次の子供がボールを受けます。ボールを受けた人は、相手の次の先頭に向かって投げ、また同じように列の後ろにつきます。このように投げて来た相手と違う相手に投げ返し、動きながらどんどんキャッチボールを繰り返します。
[練習方法]
1.3人ずつのグループに別れ、タテに並び向かい合う
2.ボールを投げたら列から抜け、後ろに並ぶ、
3.自分の番が着たらボールを受け、相手側の次の子供に投げる。

子供達は止まった状態でキャッチボールをしがちです。動きの中での捕球、送球の感覚と身に付けましょう。

| Page Top ▲

走って行って素手でフライを捕球する

走って行って、丁度追いつくあたりに小さなフライを投げてもらい、素手でそのボールを捕球します。ポイントは素手でキャッチをするところ。なぜ素手でキャッチするかと言うと、クラブをしているときより集中力を必要とするからです。
[練習方法]
1.スタートの構え
2.投げられたボールを追ってダッシュ
3.ボールに集中し素手でボールをキャッチ

| Page Top ▲